株式会社九州丸和ロジスティクス

株式会社九州丸和ロジスティクス

桃太郎文化の基本Base Concept

桃太郎文化の由来

“桃太郎文化”を最初に形として表現したのは、当社のナショナルブランドである「桃太郎便」です。
犬、猿、雉子を連れて宝物を運ぶ桃太郎……。
桃太郎の昔話は、誰でも知っている話です。

3つの力を束ねる“桃太郎”は経営の基盤

私たちは、“桃太郎”を経営の基盤として捉えています。

たとえば、犬=『考働』力、猿=知識力、雉子=情報力として「経営の先見3要素」の象徴と捉え、これら3つの力を束ねるのが“桃太郎”、つまり私たちであると考えます。

さらに犬、猿、雉子のそれぞれの目線や役割から、 「地上を走る犬=地上戦略」「屋根や木に登る猿=ケーブル戦略」「空を飛ぶ雉子=衛星戦略」の象徴と捉え、これからのロジスティクス分野に求められている3つの視点を表しているとも考えています。

“桃太郎文化”の基本概念図

“桃太郎文化”とは、多くの同志が過去の経験をもとに創造し共有してきた「企業文化」で、丸和グループの「価値観」や「考働規範」の総称です。

一、同志は「同音同響」の価値観を共有し、全員が経営に参画します。

一、同志は「同音同響」と「商人道」を基本に、「経営理念」の実現を目指します。

一、同志は「商人道」の実践に努め、お客様に“感動”と“満足”を提供します。

一、“桃太郎文化”に培われた精神は、「丸和マンの考働規範」として同志全員に根づいています。

一、今後、企業と同志を成長させる原動力となるのは、「100人の桃太郎(経営者)づくり」です。

画面トップへ▲